【ハワイ】ジュラシックパーク・ジュラシックワールドのロケ地を巡る!クアロアランチのジュラシックアドベンチャーツアー

ジュラシックパーク・ジュラシックワールドのロケ地

ジュラシックシリーズはお好きですか?

初代は「ジュラシックパーク」、新シリーズでは「ジュラシックワールド」と、作中では生きた恐竜を見に行けるという夢の様なテーマパークが二度作られましたが恐竜の管理は大変難しく、両方とも失敗に終わっています。

作中ではコスタリカの島に作られた事になっているパークですが、実際はハワイのオアフ島とカウアイ島で多くのシーンが撮影されています。

そしてオアフ島の撮影に関してはほとんどといって良いほどクアロアランチという広大な牧場(というより一大観光施設)で行われているんですが、その広大な土地と唯一無二の景観から、ジュラシックシリーズ以外にもこれまでたくさんのハリウッド作品の撮影に使われてきた定番ロケ地でもあります。

今回はこのクアロアランチで行われている「ジュラシックアドベンチャーツアー」について紹介します。
実際に作中に出てきたセットがいくつも見られるのでハワイに行く際は要注目です。

公式サイト:ジュラシックアドベンチャーツアー

ツアー概要:
ジュラシックパーク、ジュラシックワールドのロケ地を車で2時間半〜3時間程度かけて周ります。
ジュラシックシリーズのパーク周辺シーンは結構な割合でここクアロアランチで撮影されており、ファンにはたまらない内容となっています。
現在ガイドは英語のみですが、英語が分からなくてもジュラシックシリーズが分かれば楽しめる内容だと思います。

では、実際に私が参加したツアーの流れに沿って紹介していきます。

  1. 集合&出発
  2. 防空壕
  3. カアアヴァ渓谷(シリーズ出典多数)
  4. ガリミムスから逃れた木(ジュラシックパーク)
  5. 管理棟脱出口&オーウェンの坂(ジュラシックワールド2:炎の王国)
  6. 管理棟入り口(ジュラシックワールド2:炎の王国)
  7. ジャイロスフィアの乗り場(ジュラシックワールド)
  8. ヘリポート跡地(ジュラシックワールド)
  9. インドミナスレックスの檻(ジュラシックワールド)
  10. まとめ

1. 集合&出発

まずは指定の場所に集合。↓の車に乗って周っていきます。

ツアーガイド兼ドライバーの方が運転しながら色々と教えてくれます。

2. 防空壕

まずは防空壕へ来ました。この中にはこれまでクアロアランチで撮影されたたくさんの映画のポスターなどが飾られています。

もちろんジュラシックパーク、ジュラシックワールドも。

出口付近にはなんとインドミナスレックスとベロキラプトルも。

さて、ここからは実際の撮影地やセットを巡っていきます。

3. カアアヴァ渓谷

このカアアヴァ渓谷は周りを囲む山並みが特徴的で、実に多くの映画やドラマが撮影されています。

アメリカ版ゴジラ、ジュマンジ、ドラマのロスト、などなど広大な自然を撮影する際の定番ロケ地の一つとなっている様です。

もちろんジュラシックシリーズもたくさん撮影されています。まずはジュラシックパークでガリミムスの群れとともに駆け抜けるシーン。

映画

ツアー中の写真

ジュラシックワールド2(炎の王国)ではブラキオサウルスのシーンで山並みを左右反転して使っています。

映画

ロケ地の写真(Google ストリートビュー)

同じくジュラシックワールド2(炎の王国)の車で施設へ向かうシーンでも反転して使ってますね。

映画

ロケ地の写真(Google ストリートビュー)

ジュラシックワールド2(炎の王国)で噴火する火山は CG なので実際にはその様な山はありませんが、周りは完全にこのカアアヴァ渓谷です。

4. ガリミムスから逃れた木(ジュラシックパーク)

カアアヴァ渓谷初めのスポットはこの大きな木。


TripAdvisor

これはジュラシックパークでガリミムスの群れから逃れるために使った木です。

この木の前で記念写真を撮ってくれます。

↑の建物は車から見えたので何か分からず急いで写真を撮りましたが、実際に映画話を再度確認した限りどこにも映っていない様です。

ネットで調べてみると「ジャイロスフィアのメンテナンスを行う施設」という情報もありましたが真偽はわかりません。

眺めの良いところに来たところでストップ。

5. 管理棟脱出口&オーウェンの坂(ジュラシックワールド2:炎の王国)

写真の右端にコンクリートの様なものが見えますね。

ツアー中の写真

これは実はジュラシックワールド2(炎の王国)の管理棟で恐竜(バリオニクス)に襲われたクレアとフランクリンが命からがらから逃げ出した出口です。

映画

離れたところから見るとそんなに大きくない様に見えますが、映画で見るとだいぶ大きいですね。

映画ではこの直後にオーウェンが必死の形相で坂を駆け降りてきますが、この場面もこの場所で撮影されました。

先程の写真を撮ったあたりから脱出口の方向へ駆け降りたそうですが、一発 OK とはいかないもので何度も駆け降りたそう。

6. 管理棟入り口(ジュラシックワールド2:炎の王国)

管理棟の入り口も見ることもできました。
オーウェン達がブルーの居場所を確認するために入っていった場面で写っています。

映画

ツアー中の写真

よく見比べると、扉上部の電灯などが取れていますが、これはセットを作るときに発泡スチロールやベニヤの合板などを使っていて長期的な耐久力は無いため。

コンクリートに見せているのはさすがの技術ですよね。

ちなみにですが、先程紹介した脱出口とは少し離れたところにあり、同じ管理棟でも入り口のシーンと脱出口のシーンで別々のセットを作った様です。

7. ジャイロスフィアの乗り場(ジュラシックワールド)

お次もテンションが上がるスポット。夢の乗り物ジャイロスフィアの乗り場です。

映画

ツアー中の写真

線路の様になっていた部分はツアーのため埋めてしまったそうです。
柵も変わっている様ですが、屋根と柱は映画と同じです。

ちなみに、このあたりから見える山並みは炎の王国でオーウェン達がパークの跡地を訪れるシーンの右側と一致するんですが、さすがに細かすぎますね。

↓の右半分の山並みと一致します。

このあと一度最初の待ち合わせ場所に戻り、一旦10分程度のトイレ休憩を挟みます。

8. ヘリポート跡地(ジュラシックワールド)

休憩を終えて車をまた走らせると、向かって左側に養殖池が見えるポイントに差し掛かります。

養殖池、そしてその向こうにカネオヘ湾を見渡せるこの辺りは「ジュラシック・ワールド」のヘリポートを作った場所だそう。

映画

ヘリポート自体は風化したため残念ながら現在は撤去してしまったとのことですが、クアロアランチの別のツアーで海から撮影した写真と比べるとそのままです。

別ツアーでの写真

そしてこのヘリポートはジュラシックワールドの最後にT-レックスが吠えた場所でもあります。

T-レックスが吠えるための映画だったんじゃないかと思えるほどカッコイイシーン。
視線の方向は実際は海なので全て CG です。すごいですよね。

また、養殖池はモササウルスがサメを食べるシーンの撮影でも使われたそうですが、CG も多分に使われているのでどの様に使われたのかはわかりませんでした。

9. インドミナスレックスの檻(ジュラシックワールド)

ツアー一番の注目スポットと言えるかもしれません。インドミナスレックスの檻にやってきました。

ツアー中の写真

映画

上の方の壁が一部無くなっています。これも例によって風化によるもの。

ツアー中の写真

壁の内側にはこれ↑がありました。

映画

実際にこの部屋の中にも入ることができました!

10. まとめ

いかがでしたか?
分かりやすいセットからマニアックな山並みまで、確認できる限り紹介させていただきました。
シリーズでも登場シーンの多いカアアヴァ渓谷の広大な土地とそれを取り囲む山並みは唯一無二で、ジュラシックシリーズ以外にもたくさんの作品がここで撮影されるのも納得です。

ぜひジュラシックパークとワールド(特にワールド1&2)を見てから参戦してみてください。