ホノルル空港からタクシーでワイキキに行く際の乗車場所とチップ


レンタカーや空港ワイキキ間のシャトルはあるものの、なんだかんだ出発前のバタバタで予約が間に合わないこともよくあります。

そんな時はタクシーでワイキキまで行ってしまうのが手っ取り早い。荷物の数の心配もありませんし、何よりホテルの目の前まで直接連れて行ってくれますからね。

ただ、乗る場所やチップが少し心配な方はこの記事を参考にしてみてください。

1. タクシーの乗車場所

個人用出口を出てすぐ、右側の柱に「TAXI」の表示があります。



団体用出口から出てきた場合は、出口から右側に道路が見えるので、そこを右に曲がって進むとすぐに個人用出口が見えます。

こちらが個人用出口前

少し道なりに進むと、今度は道の向こう側に「TAXI」の表示が見えます。

大体その辺りにタクシーが複数台待機しているので、あとは行き先のホテルを伝えて乗ってしまえば OK。

ちなみに、タクシーの車種が複数あるのでちょっと戸惑うかもしれませんが、とりあえず車の上に黄色い「TAXI」のサインが付いていれば大丈夫です。
リムジンのような車もいますが、こちらも他の車と料金体系は一緒なので心配いりません。

あとは到着を待つだけ。ワイキキのホテルまでは大体20〜30分程度で到着します。

2. チップの支払い

チップをどれだけ渡すかは自分で決められるので、大体料金の10-15%程度を足した値段をドライバーさんに伝えると、それで清算してくれます。

今回は38ドルだったので15%のチップだと合計43.7ドルになりますが、キリがいいので45ドル支払うことにします。

「45ダラーズ」と伝えつつお金を渡すと、こんな感じで手書きのレシートをくれました。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です