【木曜日】ハワイ・ワイキキ徒歩圏内の無料イベント曜日別リスト!


最終更新:2017年9月

ワイキキでちょっと時間が出来たときに見て欲しい、ワイキキ徒歩圏内の無料イベントリスト。こちらは木曜版です!

夕方 4 時から 8 時まで、ハイアットリージェンシーとワイキキビーチウォークの 2 箇所のファーマーズマーケットががっつりカブってます。笑

では木曜日の無料イベントリストです、どうぞ!

10:30AM〜、4:30PM〜 ウクレレレッスン @ ワイキキビーチウォーク

ビーチウォーク 2 階の「ザ・ウクレレ・ストア」で行われる無料のウクレレレッスン。ウクレレを教えて20年ほどの先生が、初心者にも丁寧に教えてくれるので初めてウクレレに触れる方でも安心。ウクレレの無料貸し出しもありますのでご心配なく!

場所:
ワイキキ・ビーチ・ウォーク2階、レストラン「カイワ」隣
普段やっている時間:
毎日 10:30AM〜、4:30PM〜(1レッスン30分程度)

12:00PM〜1:00PM ウクレレレッスン(初級) @ ロイヤルハワイアンセンター

基本のコードと曲を学べる、リピーターにも人気の初心者向けウクレレレッスン。英語が分からなくても、周りを見ながらマネすれば大丈夫!ウクレレと楽譜は会場で無料レンタルできますが、数に限りがあるので早めに行くと安心です。予約は不要で、開始時刻に会場へ行けば誰でも自由に参加できます。

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内B館1階 ヘルモアハレ&ゲストサービス
普段やっている時間:
火、木、金 12:00PM〜1:00PM

1:00PM〜2:00PM ラウハラ編みレッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

ハラと呼ばれる木の葉を使って、ブレスレットなど身につけられるアイテムを作る、ハワイの伝統工芸の無料レッスン。子供さんも一緒にオリジナル・ラウハラ・ブレスレットを作れます。事前予約は不要なので、時間になったら行くだけで OK。

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内B館3階
普段やっている時間:
火、水、木 1:00PM〜2:00PM

4:00PM〜8:00PM ハイアットリージェンシー ファーマーズマーケット

キングスビレッジやマーケットオンザプラザと並んで、おそらく最もアクセスの良いファーマーズマーケットの一つ。ワイキキを歩きながらぶらっと立ち寄れるのがかなり便利です。

場所:
ハイアット・リージェンシー・リゾート・アンド・スパ1階アトリウム
普段やっている時間:
火、木 4:00PM〜8:00PM

4:00PM〜8:00PM ワイキキビーチウォーク マーケットオンザプラザ

買い物のついでに、気軽に覗けるファーマーズマーケット。規模はそんなに大きくなくても、ワイキキ内でありながらビーチウォーク自体が広々しているのが良い感じ。

場所:
ワイキキビーチウォーク プラザステージ
普段やっている時間:
木曜 4:00PM〜8:00PM

6:00PM〜7:00PM ハワイアンエンターテイメント @ ロイヤルハワイアンセンター

ハワイで人気のローカルアーティストによるハワイアン・ミュージックとフラアウアナ(近代フラ)のパフォーマンスが無料で楽しめます。

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ
普段やっている時間:
火、水、木、金 6:00PM〜7:00PM

6:30PM〜7:30PM クヒオビーチパーク フラショー

デューク・カハナモク像のすぐ近くの芝生のステージで行われる、1時間程度のフラダンスショー。夕陽やワイキキの波の音とともに楽しむフラショーはなんとも雰囲気たっぷりで、もちろん無料です。

場所:
クヒオビーチ 芝生ステージ
普段やっている時間:
日、火、木、土 6:30PM〜7:30PM (11月〜1月は 6:00PM〜7:00PM)

7:00PM〜 ロック・ア・フラ ミニショー

普段はロイヤルハワイアンセンター4階で行われている人気エンターテインメントショー「ロック・ア・フラ」の出演者の一部が、ロイヤルグローブでミニショーを披露します。もちろん無料なので要チェック!

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ
普段やっている時間:
火、木、土 7:00PM〜

8:00PM〜、9:00PM〜 シェラトンワイキキ ヘルモア

697平方メートルを超す巨大なプール・キャンバスに立体映像が映し出される3Dプール・プロジェクションマッピング・ショー。宿泊客だけでなく、一般の観光客でも無料で鑑賞できます。

場所:
シェラトンワイキキ内ヘルモア・プレイグラウンド
普段やっている時間:
毎晩 8:00PM〜、9:00PM〜

【水曜日】ハワイ・ワイキキ徒歩圏内の無料イベント曜日別リスト!


最終更新:2017年9月

ワイキキでちょっと時間が出来たときに見て欲しい、ワイキキ徒歩圏内の無料イベントリスト。こちらは水曜版です!

水曜日の午前中はロイヤルハワイアンセンターでの体験レッスンが充実しています。ワイキキビーチウォークでは夕方に芝生でヨガも。安定の「ヘルモア」ショーもお忘れなくー。

では水曜日の無料イベントリストです、どうぞ!

10:30AM〜、4:30PM〜 ウクレレレッスン @ ワイキキビーチウォーク

ビーチウォーク 2 階の「ザ・ウクレレ・ストア」で行われる無料のウクレレレッスン。ウクレレを教えて20年ほどの先生が、初心者にも丁寧に教えてくれるので初めてウクレレに触れる方でも安心。ウクレレの無料貸し出しもありますのでご心配なく!

場所:ワイキキ・ビーチ・ウォーク2階、レストラン「カイワ」隣
普段やっている時間:毎日 10:30AM〜、4:30PM〜(1レッスン30分程度)

11:00AM〜12:00PM ロミロミ・マッサージ・レッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

ハワイアン・マッサージ「ロミロミ」の基本を体験できる無料レッスン。参加者はペアになって実際に首、肩、頭、腕などをマッサージしながら、ヒーリングの鍵となる祈りや心のあり方、呼吸など、ロミロミの基本を学びます。

場所:ロイヤルハワイアンセンター内B館3階
普段やっている時間:月、金 11:00AM〜12:00PM

12:00PM〜1:00PM ウクレレレッスン(中、上級)@ロイヤルハワイアンセンター

ハワイアンミュージックを即興で自由に演奏しながら、音楽を通した交流を楽しむウクレレの中・上級者向けクラス。腕に覚えのある方、ぜひ参加してみては??

場所:ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ
普段やっている時間:水曜 12:00PM〜1:00PM

1:00PM〜2:00PM ラウハラ編みレッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

ハラと呼ばれる木の葉を使って、ブレスレットなど身につけられるアイテムを作る、ハワイの伝統工芸の無料レッスン。子供さんも一緒にオリジナル・ラウハラ・ブレスレットを作れます。事前予約は不要なので、時間になったら行くだけで OK。

場所:ロイヤルハワイアンセンター内B館3階
普段やっている時間:火、水、木 1:00PM〜2:00PM

4:00AM〜5:00AM フラレッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

ハワイでもトップのフラグループ「ハラウ・フラ・オ・マイキ」を卒業したプアケアラ・マン先生によるフラレッスン。メレ(歌)やチャントに合わせた基本の足の動き、手の使い方などを習います。レッスン自体は英語なので、先生の動きをよーく見ましょう。予約不要の 1 時間のレッスンで、初心者の方でも 1 曲踊れるようになれますよ。

場所:ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ
普段やっている時間:月、火、水、金 10:00AM〜11:00AM(水曜日のみ 4:00PM〜5:00PM)

4:00PM〜9:00PM キングスビレッジ ファーマーズマーケット

ハイアットリージェンシーやマーケットオンザプラザと並んで、おそらく最もアクセスの良いファーマーズマーケットの一つ。規模が大きいわけではありませんが、屋外の通路にブースが並んでいるのが、ちょっと日本の縁日みたいで楽しいです。

場所:キングスビレッジショッピングセンター
普段やっている時間:月、水、金、土 4:00PM〜9:00PM

4:30PM〜 ヨガ @ ワイキキビーチウォーク

夕方に行われるこちらのヨガは、初心者でも無理なく受けることができると評判で、持ち物も汗拭きタオルと水分があれば大丈夫。参加希望者は、ワイキキ・ビーチ・ウォーク2階の「指圧&マッサージセンター」で申し込めば OK。

場所:ワイキキビーチウォーク プラザステージ隣
普段やっている時間:水曜 4:30PM〜

6:00PM〜7:00PM ハワイアンエンターテイメント @ ロイヤルハワイアンセンター

ハワイで人気のローカルアーティストによるハワイアン・ミュージックとフラアウアナ(近代フラ)のパフォーマンスが無料で楽しめます。

場所:ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ
普段やっている時間:火、水、木、金 6:00PM〜7:00PM

8:00PM〜、9:00PM〜 シェラトンワイキキ ヘルモア

697平方メートルを超す巨大なプール・キャンバスに立体映像が映し出される3Dプール・プロジェクションマッピング・ショー。宿泊客だけでなく、一般の観光客でも無料で鑑賞できます。

場所:
シェラトンワイキキ内ヘルモア・プレイグラウンド
普段やっている時間:
毎晩 8:00PM〜、9:00PM〜

【火曜日】ハワイ・ワイキキ徒歩圏内の無料イベント曜日別リスト!


最終更新:2017年9月

ワイキキでちょっと時間が出来たときに見て欲しい、ワイキキ徒歩圏内の無料イベントリスト。こちらは火曜版です!

火曜日はハイアットリージェンシーでのファーマーズマーケット、そしてクヒオビーチやワイキキビーチウォークのフラショーなど盛りだくさんです。

では火曜日の無料イベントリストです、どうぞ!

9:30AM〜11:30AM ハワイアン・キルト @ ロイヤルハワイアンセンター

お気に入りデザインを選んで自分だけのハワイアンキルトが作れるレッスン。キルティングの材料(約$30)もその場で購入可能です。初心者にも安心のクラスですが、完成には時間がかかるため複数回の受講がおすすめ。

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内パイナラナイ・フードコート
普段やっている時間:
火曜 9:30AM〜11:30AM

10:00AM〜11:00AM フラレッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

ハワイでもトップのフラグループ「ハラウ・フラ・オ・マイキ」を卒業したプアケアラ・マン先生によるフラレッスン。メレ(歌)やチャントに合わせた基本の足の動き、手の使い方などを習います。レッスン自体は英語なので、先生の動きをよーく見ましょう。予約不要の 1 時間のレッスンで、初心者の方でも 1 曲踊れるようになれますよ。

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ
普段やっている時間:
月、火、水、金 10:00AM〜11:00AM(水曜日のみ 4:00PM〜5:00PM)

10:30AM〜、4:30PM〜 ウクレレレッスン @ ワイキキビーチウォーク

ビーチウォーク 2 階の「ザ・ウクレレ・ストア」で行われる無料のウクレレレッスン。ウクレレを教えて20年ほどの先生が、初心者にも丁寧に教えてくれるので初めてウクレレに触れる方でも安心。ウクレレの無料貸し出しもありますのでご心配なく!

場所:
ワイキキ・ビーチ・ウォーク2階、レストラン「カイワ」隣
普段やっている時間:
毎日 10:30AM〜、4:30PM〜(1レッスン30分程度)

12:00PM〜1:00PM ウクレレレッスン(初級) @ ロイヤルハワイアンセンター

基本のコードと曲を学べる、リピーターにも人気の初心者向けウクレレレッスン。英語が分からなくても、周りを見ながらマネすれば大丈夫!ウクレレと楽譜は会場で無料レンタルできますが、数に限りがあるので早めに行くと安心です。予約は不要で、開始時刻に会場へ行けば誰でも自由に参加できます。

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内B館1階 ヘルモアハレ&ゲストサービス
普段やっている時間:
火、木、金 12:00PM〜1:00PM

1:00PM〜2:00PM ラウハラ編みレッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

ハラと呼ばれる木の葉を使って、ブレスレットなど身につけられるアイテムを作る、ハワイの伝統工芸の無料レッスン。子供さんも一緒にオリジナル・ラウハラ・ブレスレットを作れます。事前予約は不要なので、時間になったら行くだけで OK。

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内B館3階
普段やっている時間:
火、水、木 1:00PM〜2:00PM

4:00PM〜8:00PM ハイアットリージェンシー ファーマーズマーケット

キングスビレッジやマーケットオンザプラザと並んで、おそらく最もアクセスの良いファーマーズマーケットの一つ。ワイキキを歩きながらぶらっと立ち寄れるのがかなり便利です。

場所:
ハイアット・リージェンシー・リゾート・アンド・スパ1階アトリウム
普段やっている時間:
火、木 4:00PM〜8:00PM

4:30PM〜6:00PM ワイキキビーチウォークフラショー

ワイキキビーチウォークの脇に広がる芝生のエリアで行われるフラダンスショー。芝生に座って見ることも出来るので、ショッピングや観光のついでに、のんびりとフラやハワイアンミュージックを楽しんでください。

場所:
ワイキキビーチウォーク プラザステージ
普段やっている時間:
火曜 4:30PM〜6:00PM

6:00PM〜7:00PM ハワイアンエンターテイメント @ ロイヤルハワイアンセンター

ハワイで人気のローカルアーティストによるハワイアン・ミュージックとフラアウアナ(近代フラ)のパフォーマンスが無料で楽しめます。

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ
普段やっている時間:
火、水、木、金 6:00PM〜7:00PM

6:30PM〜7:30PM クヒオビーチパーク フラショー

デューク・カハナモク像のすぐ近くの芝生のステージで行われる、1時間程度のフラダンスショー。夕陽とともに楽しむフラショーは雰囲気たっぷりで、もちろん無料です。

場所:
クヒオビーチ 芝生ステージ
普段やっている時間:
日、火、木、土 6:30PM〜7:30PM (11月〜1月は 6:00PM〜7:00PM)

7:00PM〜 ロック・ア・フラ ミニショー

ロイヤルハワイアンセンター4階で行われる「ロック・ア・フラ」ショーの出演者の一部が、ロイヤルグローブでミニショーを披露します。もちろん無料なので要チェック!

場所:
ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ
普段やっている時間:
火、木、土 7:00PM〜

8:00PM〜、9:00PM〜 シェラトンワイキキ ヘルモア

697平方メートルを超す巨大なプール・キャンバスに立体映像が映し出される3Dプール・プロジェクションマッピング・ショー。宿泊客だけでなく、一般の観光客でも無料で鑑賞できます。

場所:
シェラトンワイキキ内ヘルモア・プレイグラウンド
普段やっている時間:
毎晩 8:00PM〜、9:00PM〜

【月曜日】ハワイ・ワイキキ徒歩圏内の無料イベント曜日別リスト!


最終更新:2017年9月

ワイキキでちょっと時間が出来たときに見て欲しい、ワイキキ徒歩圏内の無料イベントリスト。こちらは月曜版です!

月曜は午前中のフラレッスン、ロミロミレッスンに加えて、キングスビレッジのファーマーズマーケットに注目ですね。建物の表側だけじゃなく、内側の方も見ていきましょう。

では月曜日の無料イベントリストです、どうぞ!

10:00AM〜11:00AM フラレッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

ハワイでもトップのフラグループ「ハラウ・フラ・オ・マイキ」を卒業したプアケアラ・マン先生によるフラレッスン。メレ(歌)やチャントに合わせた基本の足の動き、手の使い方などを習います。レッスン自体は英語なので、先生の動きをよーく見ましょう。予約不要の 1 時間のレッスンで、初心者の方でも 1 曲踊れるようになれますよ。

場所:ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ普段やっている時間:月、火、水、金 10:00AM〜11:00AM(水曜日のみ 4:00PM〜5:00PM)

10:30AM〜、4:30PM〜 ウクレレレッスン @ ワイキキビーチウォーク

ビーチウォーク 2 階の「ザ・ウクレレ・ストア」で行われる無料のウクレレレッスン。ウクレレを教えて20年ほどの先生が、初心者にも丁寧に教えてくれるので初めてウクレレに触れる方でも安心。ウクレレの無料貸し出しもありますのでご心配なく!

場所:ワイキキ・ビーチ・ウォーク2階、レストラン「カイワ」隣普段やっている時間:毎日 10:30AM〜、4:30PM〜(1レッスン30分程度)

11:00AM〜12:00PM ロミロミ・マッサージ・レッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

ハワイアン・マッサージ「ロミロミ」の基本を体験できる無料レッスン。参加者はペアになって実際に首、肩、頭、腕などをマッサージしながら、ヒーリングの鍵となる祈りや心のあり方、呼吸など、ロミロミの基本を学びます。

場所:ロイヤルハワイアンセンター内B館3階普段やっている時間:月、金 11:00AM〜12:00PM

1:00PM〜2:00PM レイメイキング・レッスン @ ロイヤルハワイアンセンター

カラフルで香りのある生花やティ・リーフを使ったレイ作り。ハワイ滞在中ご自身で身につけたり、大切な人にプレゼントしてはいかがでしょう。先着 25 名様までの参加で、対象年齢は 7 歳以上です。

場所:ロイヤルハワイアンセンター内B館3階普段やっている時間:月、金、土 1:00PM〜2:00PM

3:30PM〜4:00PM ケイキ(子供)フラレッスン

ケイキ(子供)向けのフラレッスン。対象年齢は 3 〜 10 歳で、基本的なステップや手の動きを教えてくれます。お子さんの思い出に是非!

場所:ロイヤルハワイアンセンター内ロイヤルグローブ普段やっている時間:月曜 3:30PM〜4:00PM

4:00PM〜9:00PM キングスビレッジ ファーマーズマーケット

ハイアットリージェンシーやマーケットオンザプラザと並んで、おそらく最もアクセスの良いファーマーズマーケットの一つ。規模が大きいわけではありませんが、屋外の通路にブースが並んでいるのが、ちょっと日本の縁日みたいで楽しいです。

場所:キングスビレッジショッピングセンター普段やっている時間:月、水、金、土 4:00PM〜9:00PM

8:00PM〜、9:00PM〜 シェラトンワイキキ ヘルモア

697平方メートルを超す巨大なプール・キャンバスに立体映像が映し出される3Dプール・プロジェクションマッピング・ショー。宿泊客だけでなく、一般の観光客でも無料で鑑賞できます。

場所:
シェラトンワイキキ内ヘルモア・プレイグラウンド
普段やっている時間:
毎晩 8:00PM〜、9:00PM〜

【日曜日】ハワイ・ワイキキ徒歩圏内の無料イベント曜日別リスト!


最終更新:2017年9月

ワイキキでちょっと時間が出来たときに見て欲しい、ワイキキ徒歩圏内の無料イベントリスト。こちらは日曜版です!

日曜は全体的にイベントが少なめですが、夕方の「ヘルモアショー」はこの日も開催。初心者向けウクレレレッスンも癒されそうです。

では日曜日の無料イベントリストです、どうぞ!

10:30AM〜、4:30PM〜 ウクレレレッスン @ ワイキキビーチウォーク

ビーチウォーク 2 階の「ザ・ウクレレ・ストア」で行われる無料のウクレレレッスン。ウクレレを教えて20年ほどの先生が、初心者にも丁寧に教えてくれるので初めてウクレレに触れる方でも安心。ウクレレの無料貸し出しもありますのでご心配なく!

場所:
ワイキキ・ビーチ・ウォーク2階、レストラン「カイワ」隣
普段やっている時間:
毎日 10:30AM〜、4:30PM〜(1レッスン30分程度)

5:00PM〜6:00PM ナ・メレ・ノ・ナ・プア @ ワイキキビーチウォーク

毎月2回程度、日曜日に行われる無料コンサート。アットホームな雰囲気でハワイアンミュージックの生演奏やフラダンスを楽しめます。ハワイ旅行が下記の日程に重なっている方は要チェック!

9月10日: デル・ビーズリー
9月24日: ナ・ワイホオルウ・オ・ケ・アヌエヌエ

場所:
ワイキキビーチウォーク プラザステージ
普段やっている時間:
日曜(月 2 回程度) 5:00PM〜6:00PM

8:00PM〜、9:00PM〜 シェラトンワイキキ ヘルモア

697平方メートルを超す巨大なプール・キャンバスに立体映像が映し出される3Dプール・プロジェクションマッピング・ショー。宿泊客だけでなく、一般の観光客でも無料で鑑賞できます。

場所:
シェラトンワイキキ内ヘルモア・プレイグラウンド
普段やっている時間:
毎晩 8:00PM〜、9:00PM〜

子供から大人まで楽しめる!ポリネシアカルチャーセンターのショーまとめ


ポリネシアカルチャーセンターの楽しみの一つは、ポリネシア独自の音楽とダンスが楽しめるポリネシアンショーです。
ハワイのフラやタヒチアンダンスはご存知の方も多いと思いますが、ポリネシアの他の島々にも独自の音楽とダンスがあります。

センターでは主に3種類のショーが毎日行われ、たくさんのお客さんを楽しませているのですが、それぞれどんなものなのか、今回はショーの場所と時間も含めて紹介します。

カヌーショー (レインボー・オブ・パラダイス)

まずはカヌーショー。これはお客さんなら誰でも無料で気軽に見ることができます。
センターの中央を通るラグーンにカヌーを浮かべ、その上で各国のダンスパフォーマンスが行われます。

カヌーショー (レインボー・オブ・パラダイス)
Wikimedia Commons
カヌーショー (レインボー・オブ・パラダイス)
Wikimedia Commons

生演奏、生歌で本格的なショーなのですが、タヒチアンダンス、マオリ族のハカ、そしてもちろんハワイのフラと、各国のダンスが一度に見れるのはお得。
ダンサーたちが観客を煽って盛り上げてくるので、こちらのテンションも自然と上がってしまいます。
ちなみに個人的には、フィジーとアオテアロア(ニュージーランド)の音楽がクセになる感じで好きです。
ちなみに、ハワイなだけあって木陰じゃないと結構暑くなります。ショーの開始前にカヌーでアイスクリームを販売に来ますので是非ゲットしましょう。

時間:14:30 –
場所:ラグーン
ショーを見るには?
開始時間前になると、お客さんがラグーンに集まっていきます。少し早めに行って見やすい席を確保しましょう。

ルアウショー(アリイ・ルアウ)

お次はルアウショー。
アリイ・ルアウ・パッケージに参加すると、ダンスショーを見ながらハワイの伝統料理のビュッフェが楽しめます。

ルアウショー(アリイ・ルアウ)
Youtube
ルアウショー(アリイ・ルアウ)
Trip Advisor

各国のダンスに加え、ケイキ(子供)のダンスやファイヤーダンスまで様々な音楽とダンスがテンポ良く繰り出されます。ショーの前にはアリイを讃える儀式や、イムを掘り出すところも見れたりと見所満載。
陽気なMCが自ら歌い手を務めたりと、初めから終わりまでとても楽しいショーになっていながら、ハネムーンや結婚記念日の夫婦をステージへ上げてのダンスもあり、心温まる場面もあるのがポイント。
食事をしながらのんびりショーを楽しめるので、お子さん連れにもおすすめです。

時間:17:30 – 18:30 (17:00開場)
場所:ハレ・アロハ、ハレ・オハナ
ショーを見るには?
センター内の夕食は、参加するパッケージによって変わります。ルアウショーを見たい場合はアリイ・ルアウ・パッケージのツアーを予約しましょう。

イブニングショー(HA: ブレスオブライフ)

最後にご紹介するのはまさにポリネシアカルチャーセンターの目玉、HA: ブレスオブライフ。
ハワイ最大規模のエンタテインメントとも言われ、総勢100名を超えるキャストを要したポリネシアカルチャーセンター最大のショーです。

ナイトショー(HA: ブレスオブライフ)
Trip Advisor

Expedia

国や文化関係なく共感できるであろう普遍的なストーリーで、台詞などはなく途中のアニメーションも入るので英語が分からなくてもちゃんと理解出来ると思います。
特にショー終盤の盛り上がりは圧巻で、個人的には旅行の後半に見にくると、ハワイ旅行をしっかり締めてくれる様に感じます。

とにかくパシフィックシアターの豪快な舞台装置、音響、生演奏も相まって、ハカやファイヤーナイフダンスも全く別次元のスケールです。
ポリネシアカルチャーセンターの本気が詰まったショーですが、撮影は一切禁止なので是非生のパフォーマンスを見てみてください。

時間:19:30 – 21:00
場所:パシフィック・シアター
ショーを見るには?
基本的にどのパッケージに参加してもショーを見ることができますが、パッケージの種類によって席が変わります。詳しい席の場所はこちらのページでチェックできます。

と、今回 3 種類のショーをご紹介しましたが、いかがでしょうか。
文字を持たなかったポリネシア人々にとって、ダンスは重要なコミュニケーション手段。彼らの色鮮やかな文化を堪能すると、ハワイ旅行がより充実したものになると思います。
みなさん是非是非チェックしてみてください。


ハワイ・ノースショアのおすすめ観光スポット 7 選


「ノースショア」って何?ハワイの話題でよく出てきますよね。
そのまま「オアフ島の北側の海」という意味なのですが、一体そこには何があるんでしょうか。
今回はノースショアにあるおすすめ観光スポットをずらっと 7 つご紹介します。

1. ハレイワタウン

ハレイワ
Surf Hawaii
ハレイワ
Hawaii Resorts
ハレイワ
Expedia
ノースショアの玄関口とも言えるハレイワタウン。
マツモトシェイブアイス、クアアイナ、プレートランチのジョバンニ等、ハワイの B級グルメが豊富に揃っています。
ハワイの古い面影が残る街並みで、ノスタルジックでゆったりとした雰囲気。シェイブアイス片手にぶらぶら歩いてみるのもおすすめです。

ワイキキからの所要時間
車 : 約 1 時間
バス : 約 2 時間
場所: Haleiwa, HI 96712

2. ラニアケアビーチ

ラニアケアビーチ
Food Wine Travel
ラニアケアビーチ
ABC News
ラニアケアビーチは何と言ってもウミガメとの遭遇率が高いことで有名。甲羅干しにビーチに上がるウミガメを間近で見ることができます。
ただ、冬の間は波が高くウミガメもあまり現れませんので、ウミガメが見たければ春から秋にかけてがおすすめ。
ウミガメは午後に日向ぼっこをする事が多いですが、カメに触ることは法律で禁止されているのでくれぐれもご注意を。

ワイキキからの所要時間
車 : 約 1 時間
バス : 約 2 時間
場所: 61-574 Pohaku Loa Way, Haleiwa, HI 96712

3. ワイメアビーチ

ワイメアビーチ
Hiking Waimea Falls Park
ワイメアビーチ
Backpackers Hawaii
高さ10mを超えるジャンプロックが有名なので、写真で見たことある人も多いかもしれませんね。
夏は波が穏やかで絶好の海水浴スポット。シャワー、トイレなどの設備もあり、ライフガードもいるのでお子さん連れでも安心です。
ただし、冬は最大9mという大波が来ることも。冬のノースショアはサーフスポットして有名ですが、一般の方が泳ぐにはとても危険ですので気をつけて下さい。

ワイキキからの所要時間
車 : 約 1 時間
バス : 約 2 時間
場所: 61-031 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712

4. サンセットビーチ

サンセットビーチ
Pinterest
サンセットビーチ
Beach Travel Destinations
名前の通り、水平線に沈む夕陽が綺麗なビーチですが、ビーチパークにはなっておらず、自然のままのビーチがそのまま残っています。
こちらもワイメアビーチ同様、冬は波が高くなっているのでプロ級のサーファー以外海に入れないような事もありますが、夏は波も穏やかで透明度も高く、シュノーケリングにもおすすめ。
さらに昼間は人が少ないので、のんびりとした時間を過ごせます。

ワイキキからの所要時間
車 : 約 1 時間
バス : 約 2 時間
場所: 59-88 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712

5. タートルベイリゾート

タートルベイリゾート
Turtle Bay Resort
タートルベイリゾート
Turtle Bay Resort
タートルベイリゾート
Wavecation
ノースショア最大のラグジュアリーリゾートは、ホテル、ヴィラ、コテージ、そしてコンドミニアムと、宿泊施設だけでもかなりの充実ぶり。
ホテルは全室オーシャンビュー、コンドミニアムは専用プール付きなどかなり贅沢な感じです。
宿泊客でなくてもパブリックビーチやゴルフ、乗馬、レストランなどを利用できるのでノースショアまでドライブする時には要チェックです。

ワイキキからの所要時間
車 : 約 1 時間
バス : 約 2 時間
場所: 57-091 Kamehameha Hwy, Kahuku, HI 96731

6. カフク

カフク
Flickr
カフク
Hawaii Resorts
カフク
Kahuku Farms
ハワイの地元グルメとして有名なガーリックシュリンプの本場で、シュリンプのトラックや店舗が複数点在しているカフク。
カフクスーパーレットのポケ丼も美味しいと有名です。
カフクファームには採れたての作物を使った食事野菜やスムージーなどが楽しめるカフェがあったり、農園をトラクターで周るファームツアーも楽しめます。
ジャムやフルーツなどのお土産もおすすめなので、ホテルに戻って食べるのもありですね。

ワイキキからの所要時間
車 : 約 1.5 時間
バス : 約 2 時間
場所: Kahuku, HI 96731

7. フキラウマーケットプレイス

フキラウマーケットプレイス
Pacific Business News
フキラウマーケットプレイス
Pacific Business News
フキラウマーケットプレイス
Pacific Business News
ポリネシアカルチャーセンターはハワイ有数の大型観光施設として有名ですが、センターに隣接するフキラウマーケットプレイスは、昨年出来たばかりの、ノースショアの新たな観光スポット。
ショップ、レストラン、フードトラックそエンターテインメントなどが40種類そろっており、チケットは不要。センターには入らなくても、ぶらっと見て回ることができます。

ワイキキからの所要時間
車 : 約 1 時間
バス : 約 2 時間
場所: 55-370 Kamehameha Hwy, Laie, HI 96762


ハワイ・オアフ島で食べておきたい!おすすめローカルフード 11 選


「10:00 過ぎに着くけど、お昼どこで食べる?」「ワイキキって何かあったっけ?」
せっかくハワイ旅行に行くなら、ハワイならではのものがたくさん食べたいですよね?

今回は、ハワイで食べておきたいおすすめローカルフードをご紹介します。

1. ロコモコ

ザ・パイナップルルーム ロコモコ
ザ・パイナップルルームFrolic Hawaii
ヴィッツ・ハワイアン・ステーキハウス ロコモコ
ヴィッツ・ハワイアン・ステーキハウス - Yelp

まずはご存知ロコモコ。これを食べなきゃ始まりません。
ご飯、ハンバーグ、目玉焼きとシンプルですが、それが落ち着く一品。
日本で食べるとデミグラスソースが多いですが、本番ハワイではグレービーソースがほとんど。
ぜひ本場の味を楽しんでみてください。

ザ・パイナップルルーム : 1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96813
ヴィッツ・ハワイアン・ステーキハウス : 2058 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815

2. プレートランチ

レインボー・ドライブイン プレートランチ
レインボー・ドライブインFrolic Hawaii
ステーキ・シャック プレートランチ
ステーキ・シャックTripAdvisor

ごはん、サラダ、そしてメインのお肉やお魚。
とりあえず全てがひとつの皿に収まったこれを食べれば、一気にローカル気分が上がります。
カレーからチキン、カルビまでガッツリ系のメニューが多く、ボリュームも満点で大満足。
日本のお店ではあまり見かけないチープなプレートもローカル感満点です。

レインボー・ドライブイン : 3308 Kanaina Ave, Honolulu, HI 96815
ステーキ・シャック : 2161 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815

3. パンケーキ

ブーツ & キモズ パンケーキ
ブーツ & キモズHawaiing
エッグスンシングス パンケーキ
エッグスンシングスreddit

近年日本でもたくさんお店が建っている、おなじみハワイのパンケーキ屋さん。
豪快な量のホイップクリームやもちもちの生地は、食べてるだけで幸せな気分になります。
生地の中にナッツやバナナ、チョコチップが入っているものなど、バリエーションも豊富。
ハワイで食べると、都会の喧騒の中で食べるパンケーキとはまた一味違います。

ブーツ & キモズ : 151 Hekili St, Kailua, HI 96734
エッグスンシングス : 2464 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

4. マナプア

チュン・ワー・カム マナプア
チュン・ワー・カムTabelog
ローソンステーション マナプア
ローソンステーションYelp

昔からアジアからの移民が多かったハワイらしい一品。
日本でいう肉まんですが、日本の肉まんよりも大きく、具のチャーシューもマナプア独特の味わいがあります。
カルアポークやチキン、スイートポテトなど、ローカルな具材の種類も豊富にあります。
セブンイレブンやローソンで売っているところも肉まんそっくりですね。笑

チュン・ワー・カム : 537 Pensacola St, Honolulu, HI 96814
ローソンステーション : Sheraton Waikiki, 2255 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

5. ポケ

オノ・シーフード ポケ
オノ・シーフードMenu In Progress
サムズキッチン ポケ
サムズキッチンFoodspotting

角切りの生魚をごま油と醤油玉ねぎなどで味付けしたローカル料理、ポケ。
もともと生魚を食べる習慣があったハワイに、移民の持ち込んだ食材などが合わさって出来たんだそう。
日本ではわさび醤油がおなじみの生魚も、ハワイではまた違った味わいですごく美味しいんです。
ポケをご飯の上に乗せたポケボウルは、まさにハワイ版海鮮丼。是非お試しあれ。

オノ・シーフード : 747 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96816
サムズキッチン : 333 Royal Hawaiian Ave, Honolulu, HI 96815

6. スパムむすび

いやす夢(め) スパムむすび
いやす夢(め)Jay Eats Worldwide
セブンイレブン スパムむすび
セブンイレブンDis Hungry Hawaiian

初めて見たときのインパクトが大きいスパムむすび。
形は巨大な握り寿司の様ですが、これもローカルの食文化に欠かせない存在。
お米の上にスパムが乗っているのが基本ですが、卵やキュウリが乗ったり、スパムの味が変わったりと、バリエーションも色々。
マナプア同様、コンビニなどでも売っているので手軽に買う事ができます。

いやす夢(め) : 2427 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815
セブンイレブン : 2155 Kalakaua Ave 110 & 113, Honolulu, HI 96815

7. ガーリックシュリンプ

ロミーズ・カフク・プローンズ・アンド・シュリンプ ガーリックシュリンプ
ロミーズ・カフク・プローンズ・アンド・シュリンプYelp
ブルーウォーター・シュリンプ & シーフードマーケット ガーリックシュリンプ
ブルーウォーター・シュリンプ & シーフードマーケットYelp

ノースショアの名物として、販売用のトラックも有名なガーリックシュリンプ。
ハワイの食事の場合、量で不満を感じる事はほとんどありませんが、このガーリックシュリンプも、プリプリのエビを惜しげもなく盛り付けてくれます。
パンチの効いたガーリックの風味とぷりぷりの海老が絶妙の一品です。

ロミーズ・カフク・プローンズ・アンド・シュリンプ : 56-781 Kamehameha Hwy, Kahuku, HI 96731
ブルーウォーター・シュリンプ & シーフードマーケット : 1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814

8. サイミン

ディリンハム・サイミン サイミン
ディリンハム・サイミンFoursquare
ジッピーズ サイミン
ジッピーズThe Tasty Island

ラーメンの様で少し違う。ハワイ発祥の麺料理、サイミン。
20 世紀初頭の移民時代に日系、中国系移民の間で発展してきたんだそう。
出汁は干しエビ、スープは醤油ベース。なるとは少し懐かしい感じもしますよね。
マクドナルドでも売っているほどポピュラーな料理ですので、押さえておきたいローカル料理です。

ディリンハム・サイミン : 1425 Dillingham Blvd, Honolulu, HI 96817
ジッピーズ : 601 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96815

9. マラサダ

レナーズ マラサダ
レナーズMisadventures with Andi
アロハテーブル・ワイキキ マラサダ
アロハテーブル・ワイキキハワイTV

ポルトガル発祥の揚げドーナツ。ハワイでもっともポピュラーなおやつの一つです。
外はカリっとして中は柔らかい食感はロコのお気に入り。
海外のケーキなどは甘ったるくて苦手な方でも大丈夫。とても食べやすいです。
ハウピアやチョコレートなどのクリームが入ってて楽しい一品です。

レナーズ : 933 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96816
アロハテーブル・ワイキキ : 2238 Lau’ula St. Honolulu, Hawaii,96815

10. フリフリチキン

レイズ・キアヴェ・ブロイルド・チキン フリフリチキン
レイズ・キアヴェ・ブロイルド・チキンAll About
パウハナ・マーケット・ワイキキ フリフリチキン
パウハナ・マーケット・ワイキキアロハストリート

フリフリチキンは、特製のタレに漬け込んだチキンを炭火の上でフリフリ(ハワイ語で「回す」の意味)しながら焼くという、とても贅沢なハワイ風バーベキューチキンの事。
食べる前からスモークの香りがたまりません。食べてみると外の皮はパリパリで、お肉はジューシー。
ロコの胃袋を離さないお味を是非お試しあれ。

レイズ・キアヴェ・ブロイルド・チキン : 66-160 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712
パウハナ・マーケット・ワイキキ : 234 Beach Walk, Honolulu, HI 96815

11. シェイブアイス

マツモト・シェイブアイス シェイブアイス
マツモト・シェイブアイスMakeup and Beauty Blog
アイランド・ヴィンテージ・シェイブアイス シェイブアイス
アイランド・ヴィンテージ・シェイブアイスTwitter

シェイブアイス、平たく言えばかき氷ですが、日本のかき氷よりもきめ細やかでふわふわな食感です。
お店によってはアイスクリームやフルーツが乗ったりとバリエーションも豊富。
インスタグラムにありそうな色合いもハワイらしくて良いですよね。
常夏の日差しの中でひんやりとする感触、その後に広がる甘いシロップ、とってもオススメです。

マツモト・シェイブアイス : 66-087 Kamehameha Hwy #605, Haleiwa, HI 96712
アイランド・ヴィンテージ・シェイブアイス : 2301 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

ポリネシアカルチャーセンターのお食事処 アリイルアウ編


「ポリネシアカルチャーセンターの食事ってどんな感じ?」
今回はセンター内のディナーオプションの一つ、アリイ・ルアウを紹介します。
アリイ・ルアウ
Only In Your State

ポリネシア・カルチャー・センターでのルアウ(ハワイの宴会)は「アリイ・ルアウ」(王族の宴)と呼ばれ、ハワイの伝統的な食事を楽しみながらポリネシアンダンスなどのエンタテインメントを見れるディナーショーです。
毎日下記の 2 つのプランの参加者を対象に行われていて、他のツアープランの場合はゲートウェイ・レストランでの夕食になります。

  • アリイルアウパッケージ
  • サークルアイランド & アリイルアウ

アリイ・ルアウは「ハレ・アロハ」と「ハレ・オハナ」の 2 会場で行われていて、どちらのレストランになるかを決める事はできませんが、両会場ともステージ部分が外に開けていて、広々とした印象です。
食事のメニューやショーのプログラムも同じなのでご安心を。

本格的なルアウ・ショー

普通のディナーとルアウの違いは、はなんといってもポリネシアンダンス等のパフォーマンス。
特に、最大の盛り上がりを見せる「HA:ブレス・オブ・ライフ」の前にもこうしてポリネシア流のおもてなしを受けると、なんとも贅沢な気分です。

会場へ入ると、まずは花のレイと記念撮影でお出迎え。スタッフのエスコートに従って席に着きます。

しばらくすると地中の窯で丸ごと蒸し焼きにした豚を取り出すイム・セレモニーからスタート。
アリイ・ルアウ
TripAdvisor

その後ホラ貝の合図と共にハワイの王族「アリイ」が登場し、いよいよショーが始まります。

まずフラ・カヒコ(古典フラ)が踊られ、その後は楽器の生演奏に合わせて、ハワイのフラはもちろん、タヒチアンダンスや、サモア、フィジー等のダンスもあり、まさにフルコース。
アリイ・ルアウ
Polynesian Cultural Center Stores
アリイ・ルアウ
YouTube
その他にもハネムーンやアニバーサリーのカップルをステージへ上げてのスローダンスや、一番の盛り上がりどころ、ファイヤーナイフダンスまで盛りだくさん。
日中のツアーで少し疲れた体を休ませながら、楽しい時間が過ごせます。
アリイ・ルアウ
Polynesian Cultural Center Stores

伝統料理が豊富なビュッフェメニュー

そして食事のメニューはというと、伝統的なハワイアン料理やデザートが盛りだくさん。
カルアピッグ、ポケ、ロミロミサーモン、ポイ、タロパン等、豊富に揃っています。
中でも実際に地中のオーブンで蒸し焼きにして作られたカルアピッグは人気の逸品です。
アリイ・ルアウ
Yelp
アリイ・ルアウ
Yelp

料理はもちろん、ケーキなどのデザートも充実。
会場ではパイナップルの中に入ったトロピカルジュース(マンゴー or ピニャコラーダ)も販売しているのでこちらも要チェック。
アリイ・ルアウ
Yelp
アリイ・ルアウ
Yelp

ポリネシアンショーをゆっくりと楽しみながら、ハワイの伝統料理をお腹いっぱい食べる。なんとも幸せな時間です。
せっかくポリネシア・カルチャー・センターで過ごす一日、是非ポリネシア流のおもてなしを受けてみてはいかがでしょう。


ポリネシアカルチャーセンターのお食事処 ゲートウェイレストラン編


「ポリネシアカルチャーセンターの食事ってどんな感じ?」
今回はセンター内のディナーオプションの一つ、ゲートウェイ・レストランを紹介します。
ゲートウェイ・レストラン
Architizer

広いポリネシア・カルチャー・センターの中でも一際大きく目に付くのがこのゲートウェイ・レストラン。
一日のツアーでお腹を空かせたお客さんを、ポリネシアの雰囲気に満たされた空間とビュッフェメニューで迎えます。

細部までこだわった巨大なポリネシアンダイニングホール

高さ 4M 近くもある大きな扉をくぐると、中は巨大なダイニングホール。
全体的な建築様式はサモアの家屋「ファレ」を彷彿とさせますが、思わず見上げる高い天井、それを支える太い木の柱などは豪快。

748 席を抱えるダイニングホールはなんと約 690 坪。
さらにこの広い空間を長さ 150 メートル、総面積 740 平方メートルと世界有数の大きさを誇る壁画が囲みます。
ゲートウェイ・レストラン
Architizer

壁画に描かれているのは移民を歓迎するハワイの王族「アリイ」とポリネシア各国の人々。
各国のアクティビティやショーを通してポリネシアの文化を体験できるこちらのセンターですが、壁画はそれらの体験をあらためて視覚的に補足するものでもあります。

細かいインテリアにも注目。木造のテーブルの装飾には、サモアで作られた本物のカパ布を使用しています。
ダイニングホールを彩る植物や、貝殻を模した照明もお洒落で、ポリネシアの雰囲気をそのまま夜のショーに繋げてくれます。
ゲートウェイ・レストラン 貝殻の照明
Architizer

ツアープランで変わる 2 種類のビュッフェオプション

ゲートウェイ・レストランのビュッフェメニューは、アイランド・フィーストとプライム・ダイニングという 2 種類。
プライム・ダイニングの方がグレードとしては上で、プライム・ダイニングそのもののメニューに加え、アイランド・フィーストのメニューも食べられるようになっています。
どちらのメニューになるかは下記の通りツアープランによって分かれていますので要注目です。

アイランド・フィースト対象プラン

  • スタンダード・パッケージ
  • ファミリー・パッケージ
  • トワイライト・パッケージ スタンダード
  • サークルアイランドツアー&スタンダード・パッケージ
  • サークルアイランドツアー&ファミリー・パッケージ

プライム・ダイニング対象プラン

  • スーパー・アンバサダー・パッケージ
  • アンバサダー・デラックス・パッケージ
  • トワイライト・パッケージ デラックス
  • サークルアイランドツアー&スーパー・アンバサダー・パッケージ
  • サークルアイランドツアー&デラックス・パッケージ

アイランド・フィーストの食事

まずアイランド・フィーストのメニューですが、マヒマヒ(白身魚)やローストポーク、チキンなどハワイの大衆的な食事、比較的親しみのあるメニューが多くなってます。
ゲートウェイ・レストラン
Architizer
ゲートウェイ・レストラン アイランド・フィースト
Yelp
ゲートウェイ・レストラン アイランド・フィースト
大好き★リゾット
ゲートウェイ・レストラン アイランド・フィースト
大好き★リゾット

中でもシェフがその場でカットしてくれるローストポークはおすすめ。
この他にもサモアの料理「ファアリフ」や、ハウピア(ココナツミルクのプリン)を始めとしたデザートなど含め、様々なメニューをお腹いっぱい楽しめます。

プライム・ダイニングの食事

プライム・ダイニングでは上記アイランドフィーストのメニューに加え、プライムリブ、シュリンプ・スキャンピ、アイランド・カルビ、ムール貝など、移民とともに歩んできたハワイだけあり、国際色豊かなメニューになっています。
ゲートウェイ・レストラン
Architizer
ゲートウェイ・レストラン プライム・ダイニング
Expedia
ゲートウェイ・レストラン プライム・ダイニング
Twitter
ゲートウェイ・レストラン プライム・ダイニング
Yelp

これらに加えてアイランド・フィーストのメニューまで楽しめるのは魅力ですね。

まるでセンターを一つの巨大なダイニングに凝縮した様な雰囲気の中、様々な料理でお腹を満たしてくれるゲートウェイ・レストラン。
ダンスショーは夜の「HA:ブレス・オブ・ライフ」で見れば良い、という方にもおすすめです。